日露隣接地域生態系保全協力
トップ  >  日露隣接地域生態系保全協力


平成21(2009)年5月、日露政府間において署名された、オホーツク海を始めとする日露の隣接地域における 生態系の保全及び持続可能な利用のための協力の具体的な方向性を示した協力プログラム(日露隣接地域生態系保全協力プログラム)に基づいて進められてきた 日露協力による共同研究や北方四島専門家交流の成果を御紹介いたします。
第3回日露隣接地域生態系保全協力ワークショップ (H27.2.16〜17)開催地:ハバロフスク市
主催:外務省 環境省  共催:ロシア科学アカデミー極東支部水・生態学問題研究所

The Japan-Russia 3rd Workshop on Cooperation on the Preservation of the Ecosystem in the neighboring areas of Japan and Russia  Feb 16th ・ 17th,2015


英文要旨集(Abstracts)[PDF:4.3MB]

本ワークショップは、平成22年4月及び25年2月、ウラジオストクにおいて開催されたワークショップに続く第3回目の会合です。また、21年3月及び22年5月には、札幌においてオホーツク生態系保全・日露協力シンポジウムが開催されています。

概要報告[PDF:117KB]

日露隣接地域生態系保全協力シンポジウム(H26.2.22〜23)  開催地:札幌市
主催:外務省 環境省
◆1日目 調査報告会  野生生物の楽園:北方四島[PDF:3.4MB]
◆2日目 シンポジウム 明らかになってきたオホーツクの生態系[PDF:10.1MB]

国後島の森林地帯 国後島の白いヒグマ 択捉島の河川 国立シホテ・アリン保護区
国後島の森林地帯 国後島の白いヒグマ 択捉島の河川 国立シホテ・アリン保護区

写真提供:北の海の動物センター、環境省


関連リンク集
アムール・オホーツクコンソーシアム(外部リンク)

アムール・オホーツクコンソーシアムは、アムール川流域とオホーツク海の環境に関する情報を共有し、共同環境モニタリングに向け取り組み、この地域の環境保全や持続可能な資源活用を促進するため、国境を越えて活発に議論をする研究者による多国間の非政府ネットワークです。