【展示室】 [TOPページ] 知る 学ぶ 環境 守る
知る[NEXTページ]
知る (もうきんるい)
猛禽類とは
猛禽類とは、獲物を捕らえるために、その体を進化させた鳥の仲間をいいます。彼らは、狩りをするために、よく見える目と、鋭い爪とくちばし、そして強くて丈夫な脚を持っています。猛禽類はタカとフクロウの仲間に分けられ、タカの仲間は主に昼に行動し、フクロウの仲間は主に夜に行動します。いずれも、生態系の頂点に位置する生き物です。ここでは、日本で確認されている2科29種類のタカ目の鳥たちを紹介します。

系統樹 系統樹
※写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

■タカ科とハヤブサ科の違い
タカ類
ハヤブサ類
湾曲しない種があり嘴縁突起(しえんとっき)がない (くちばし)
湾曲し嘴縁突起がある
丸か横長で中央に突起がない (びこう)
鼻孔
丸で中央に突起がある
むき出しになっている (ろうまく)
蝋膜
半分程度、羽毛におおわれている
黄色から褐色、年齢によっても異なる (こうさい)
虹彩
全て暗褐色
欠刻が発達している 初列風切羽 欠刻はあまり発達していない
■タカ科とハヤブサ科の違い

施設の概要 | 事業の概要 | 展示室 | 猛禽類質問箱Q&A | [▲HOMEへ]

●当ホームページに掲載された記事、写真、イラスト等の無断転載を禁じます●
Copyright (C) 2001 Raptors Conservation Center All rights reserved.